ほんとう!ウイスキーは中古より新品がお得 2017年度 マリーボーンスコッチを買うならココ |

次回!また是非お願いするつもりです。ラベルで買うのであればそれもいいでしょうが、ウィスキーをそれなりに美味しく飲みたいな、という方には、「マリー・ボーン」がおすすめ、ということにしておきます。最初に飲んだのは十数年前だと思いますが!その後なかなか酒販店ではお目にかかれませんでした。

コスパ最強と噂の!

2017年01月22日 ランキング上位商品↑

スコッチ ウイスキー マリーボーンスコッチウイスキー企画 マリーボーン スコッチウイスキー 40度 700ml あす楽

詳しくはこちら b y 楽 天

Amazonならこちら

さすがに、いつもストレートで飲みたいようなお酒ではありませんが(ほんとうにまともなお酒なら、カスクストレングスでストレートが一番。ネットで探し始めてからも、少し苦労しましたが、とある店舗(こちらではありません)で見つけて愛飲しています。もちろん人それぞれですから!水割りでもハイボールでも何でも。値段の問題では無く、「まとも」と思えるスコッチだと思います。飲み方は、私はですが、ロックが、甘さも感じられ、アルコールのとげとげも薄まってちょうどかなと思っています。1万円程度のお酒でも、この「マリー・ボーン」よりひどい味のものがざらです。しかし私の味の好みではありませんでした。価格も安く また購入したいこの価格であまり味には期待してませんでしたがなかなか、この甘さはハイボ−ルなんかで飲むんじゃなくて、ロックで十分いけます!通常、このクラスのスコッチは、国産廉価ウィスキ−と同じで辛い一点張りかと思いましたが、どうして私には、十分味わい深いテイストですな。重松さんの設定価格って何なんですか?。普段飲みに適したスコッチだと思います。ウィスキーは主食になる穀物を犠牲にして作るお酒です。非常に低い価格帯でまともな甘さがすると思ったのは、ここ数年では、他には「マギリガン」(シェリーカスクとかピーティッドモルトとかじゃないやつ、2000〜3000円)くらいです。一口目がすごくシャープで入手が楽なら常備しておきたいウイスキーです。 嗜好品はこれ!と決めたらいろいろ試したりすることが無くなりがちなので敢えての挑戦です。個人的に香りは最重要ポイントの一つなのでとても高得点です。しかし、重松貿易のカタログには、ずっと2800円(変わっていないと思う…)で載っているのに、実売は800〜900円。飲めば口の中は「お菓子の国」)、甘みを楽しめる程度にしておいた方が良いようには思います。 味の方はあまり深みは感じませんでしたが!この値段なら文句の付けようはないと思います。確かにCPは高いですね。味・香りについてはきっと補記したいと思います。カラメルや樽などで色付け・味付けを行った「甘さ」は!勘弁してもらいたいものですが!この「マリー・ボーン」は!値段からどういう造りをしているのか不安になるところが無いわけでは無いけれども(人様に自慢できるほどの舌では無い)!自分のからだとあたまの反応においては!大丈夫な品物と思っています。全く未知のウイスキーです。おいしいウイスキーでした。アルコールがある上で「甘い」ことが!貴重な嗜好品としての最低条件のはずだと思っています。普段!オ−ルドパ−12年ものしか飲まない私の口を十分満足させるものがありました。普段飲んでいる、デュワーズ ホワイトラベルから気分を変えようと、レビューを参考にして今回初めて購入しました。通常ウイスキーは水と合わせると香りがより引き立ちますがこれはそのままでも十分良い香りがたっています。補記: 普段は水割りばかりですが!これはストレートかダブルの方が良いのかもしれません。